忍者ブログ
~若手による干潟の発掘と交流~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハチの干潟の魅力のひとつ・アマモ場
かつては干潟がたくさんあり、各地でアマモが茂っていたそうだ。

アマモの役割は計り知れない。
1・小さな生き物の隠れ家になったり、産卵の場になり、海のゆりかごになっている。
2・光合成をして大量の酸素を供給している。3・地下茎を張ることで、土砂の移動を防ぐ。
4・流れ藻になり、魚たちの隠れ家になる。
5・海岸に漂着したアマモは海岸生物の餌になる。などなどキリがない。

そんなさまざまな役割を果たしているアマモは、埋め立てや海砂採取などによって減少の一途をたどっている。20ヘクタールほどのハチの干潟には潮間帯から沖にかけて30ヘクタールほどの広大なアマモ場が残されている。
P7035729.JPGP7025515.JPG






まとまったアマモ場は、生物の生産力も高く、砂の流動も少なく干潟も安定する。アマモ場はとても大切だ。そんなハチの干潟のアマモ場の上に「藻場造成」という計画が持ち上がった。(上の写真の位置)中身は、ヘドロの投棄であった。アマモ場が失われることと、干潟がダメになってしまうことへの危機感から、ハチの干潟調査隊を立ち上げて、計画を取りやめてもらった。今でもアマモ場の大切さを知ってもらう観察会を行っている。
P7281546.JPGP7025465.JPG






押し網という漁法は、アマモ場がたくさんあったことはいたるところで行われていた。それがいつの頃からか失われてしまっていた。その漁法を、地元の人に聞き取り、復活させた。押し網をするとアマモ場ではたくさんの生き物を捕まえることができる。タツノオトシゴ・ヨウジウオ・メバル・カサゴ・ハオコゼ・エビ・カニ・タコとても楽しい。

一か所でも多く、今あるどんなに小さなアマモ場をも残していくことが、私たちにできる最大の「自然保護」ではないだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ 市民ひがた交流会 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]